元気にパン工場で働いている話

パン工場での怒涛の6連勤もついに最終日を迎える。

ホットケーキを重ねたり、肉まんを丸めたり、ショートケーキにイチゴを乗せ続けるなどの単純作業を続けてきた。

まさか、僕も無事に6日目を迎えることができるとは思わなかった。

最終日もラインでの流れ作業をしていた。

その時の作業は、大学生の子と一緒だった。

休憩中にその子と世間話をしていた時のこと。

その時に彼から、「どこ出身ですか?」と聞かれ、「福井やー」と答えると、

「やっぱり! 僕も福井です!」との返事。

まさかの福井県民との遭遇。

ん?? やっぱり???

なぜ、僕が福井出身とばれたんだ

そんな疑問を抱いていると彼の方から、

「訛り方が僕と似てると思ったんですよ」

はっ!!!!

東京の人からしたら、福井弁は聞き取りづらいだろうから、東京へ来て以来、標準語を使うよう意識して来たつもりだったのに!

やっぱり、知らず知らずの内に福井弁を使ってたんやなあー。

彼は、東京へ来て2年ほどだったらしいんですが、今だに福井の人とあったことはなかったらしい。

にも関わらず、この福井弁に対する反応の速さ。

彼は東京に染まってはいないみたいだ。

今日が6連勤の最終日だと伝えたら、彼は少し震えていた。

彼は2連勤が限界らしい。

確かに仕事はきついが、

パンは食べ放題だし時給は悪くないから、

しばらくはここでお金を貯めようと思っていた。

この時の僕はまだ気付いていなかった。。

体が限界に近づいていることを。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です