シェアハウスの住民の話①

「こんにちわー」

可愛らしい声が後ろから聞こえてきた。

振り返ると、若い女の子が立っていた。

2人目の住民に遭遇した。

年は19才。 若いな。

その子は先週から住んでいるらしい。

どんな人が住んでるのか聞くと、

「夜の仕事してる人が多そうですねー」

なぜそう思うのか聞くと、派手な人が多いかららしい。

夜の仕事と聞いて、僕はホストやキャバ嬢を思い浮かべた。

いろんな人が住んでる方が楽しくなりそうだなと今後のルームシェアに期待を膨らませた。

その子になんの仕事をしているのか聞くと、

「夜の仕事してます。」

お前もかいっ!!

具体的な仕事内容までは聞かなかったが、夜の仕事ということでキャバ嬢ということにしておこう。


その日の夜キッチンで料理をしていた時、彼は現れた。

冷凍のピザをオーブンで焼いていた。

僕がその焼きあがったピザを美味しそうだなーと眺めていると、

「食べますか?」

とピザを分けてくれた。

食べ物を分けてもらう。

これぞ、ルームシェアの醍醐味だ。

そんな彼は「パチプロ」である。

数ヶ月前に、九州から上京してきた。

パチンコが趣味で数ヶ月前に100万ほど勝ったらしく、その勢いで仕事を辞めた。

それを知った親は怒鳴り散らし、家から出てけと言われたという。

そこで、せっかくなので東京へ出てみるか、と決断し上京。

なかなか刺激的な人生だなと思った。

歳は20代後半である。

今は、まだ100万勝った時の貯金があるらしく、仕事もしておらず自由奔放な生活を送っているそうだ。

なかなか個性的なメンバーが揃っている。

次はどんな住民が現れるのか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です