ついに東京に上京した話

夜行バスに乗り、ついに新宿に到着した。

いよいよ、僕の東京生活が始まろうとしていた。

まず僕は、東京への上京を勧めてくれた友人宅に向かった。

彼は仕事へ向かう準備をしていた。

そして間も無く、家を出て行った。

僕は部屋に取り残された。

いざ、東京へ来たのはいいが仕事も住む場所も何も決めていない。

お金は諭吉が たったの7枚

大切に使わなければ、、、、

僕は、最初に住居を探すことにした。

しかし、一人暮らしをする気は全くなかった。

住居に関しては、やってみたいことがあった。

「ルームシェアを1度経験してみたい。」

僕は、そんな思いがあった。

ルームシェアとは、一つの家に複数の人が同時に暮らすことだ。

なぜ、ルームシェアを経験してみたいのか。

「テラスハウス」に憧れたからだ

以前、「テラスハウス」という、テレビ番組が放送されていた。

男女7名がシェアハウスで生活する様子を描いた番組である。

僕は、それを一話目から毎週欠かさず見るくらい好きだった。

というわけで、早速ネットでシェアハウスを検索。

1番安いところを選び、物件見学を終え、すぐに住居は確定。

翌日から入居することが確定した。

家賃は4万円で、先に支払った。

東京へ来て2日目にして、所持金残り3万円。

2日目にして所持金半分を失ってしまった。

早く仕事を探さなければ、、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です